忘れてない?【デリケートゾーン】の美白ケア

ヨーロッパでは常識のデリケートゾーン用ソープ。日本でもだいぶ数が増えてきました。デリケートゾーン専用のケアはもはや常識に。おすすめのケア法を森田敦子さんに聞きました。

弱酸性のデリケートゾーン専用アイテムなど、もはや新常識

左から、必要な常在菌と潤いを残す。アンティーム フェミニン ウォッシュ120ml ¥2,000、潤いを与え、マッサージにも、会陰用オイル。インティメール バーシングオイル 30ml ¥10,000、黒ずみ改善。アンティーム ホワイト クリーム 100g ¥2,600(すべてサンルイ・インターナッショナル)

ナプキンや下着など直接触れるものの素材に要注意

下着はできるだけオーガニックコットンやシルクなど肌触りが柔らかく切りっぱなしで皮膚を刺激しないものを選んで。ナプキンも化学繊維に比べオーガニックコットンは温かく子宮まわりの血液循環にも◎。(ともに私物)
デリケートゾーンの黒ずみの原因は、体用のもので洗いっぱなし&保湿をしないことや摩擦による刺激が原因。専用のアイテムで優しくケアを心がけて。
教えてくれたのは……サンルイ・インターナッショナル代表 森田敦子さん
2020年『美ST』5月号掲載
撮影/大槻誠一 取材/山田頼子 編集/小澤博子